忍者ブログ

燃え続ける山やタールが流れる川もあるザクロス山脈



アラビアプレートとユーラシアプレートがぶつかる場所にあるのがザグロス山脈。アケメネス朝ペルシアの都ペルセポリスもあり、古くから栄えていた地域と言える。降水量も比較的あり、農作物の栽培も可能で、油田、天然ガスなどの地下資源も豊富。

このザクロス山脈には一年上炎を噴き出してる山がある。地下のガスが燃えてるのだが、太古の昔からずっと燃えているようだ。また天然のタールが流れる出る川もある。