忍者ブログ

最も大きな活火山10選



Youtubeを見てたら「10 Most Active Volcanoes」という動画が。最も大きな活火山10選といったとこだろうか。火山国としては気になるところ。


10.セントヘレンズ山 (Mount St. Helens) - アメリカ
オレゴン州ポートランドの北東85kmにある山で、先住民からは「煙と火の山」と呼ばれている。1980年に大噴火を起こした。

9.サンガイ山(Sangay) - エクアドル
標高5,230mの火山。世界遺産サンガイ国立公園の名前の由来になっている。同国立公園にはトゥングラワ山という火山もあり、こちらは毎年のように小規模な噴火を起こしている。

8.ラスカー山(Lascar) - チリ
1993年の大噴火では1,600km離れたブエノスアイレスでも降灰が記録された。最も最近の噴火は2013年のもの。

7.ヤスール山(Mount Yasur) - バヌアツ
「世界で最も火口に近づける活火山」として有名。標高は361mと低い。

6.サンタマリア山(Santa María) - グアテマラ
1902年の大噴火は20世紀三大噴火の一つされる。3万年前から始まったとされる噴火活動は今も続く。

5.ストロンボリ島(Stromboli) - イタリア
シチリア島の北に浮かぶ島。溶岩を火口周辺に吹き上げる噴火形態「ストロンボリ式噴火」の名前の由来となっている。

4.ニーラゴンゴ山(Mount Nyiragongo) - コンゴ民主共和国
直近では1977年、2002年に大きな噴火を起こしているアフリカ屈指の火山。北にはニアムラギラ山がある。

3.ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ山(Piton de la Fournaise) - レユニオン
「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」として世界遺産にも登録されている。登録された年(2010年)に噴火している。

2.エトナ火山(Etna) - イタリア
シチリア島東部にあるヨーロッパ最大の活火山。2013年に世界遺産に登録。

1.キラウエア火山(Kīlauea) - アメリカ
20世紀中に45回の噴火を記録するなど、世界でも最も活発な火山の一つ。1981年の噴火は32年経った現在も続いている。