忍者ブログ

誰も登りきった者がいない聖なる未踏峰「梅里雪山」



中国雲南省のデチェン蔵族自治州に連なる連山「梅里雪山」。最も高いカワカブ(6,740m)を始め、6,000m級の7つの山からなる。全ての山が未だに登頂されてない「未踏峰」である。

チベット仏教の聖地の一つであり、信仰の山として知られている。ゆえに地元住民は「山を汚す存在」として登山者を歓迎していないらしい。

これまで各国の登山隊が何度か登頂にチャレンジしているが、それも失敗に終わっている。特に1991年の日中合同登山隊17名が亡くなった事故は中国登山史でも最悪の犠牲者数となっている。

このまま誰も立ち入ることなく、清いままでいるのも良いのかもしれない。